紅茶大好き!

紅茶は、ダージリン、アッサム、ウバ等の産地、茶葉により違いがあり、比較しながら飲み比べるのも楽しい。
特にお酒を控えるようになってから、夜、紅茶を飲む機会が増え、今では毎日飲んでます。キーマンが一番のお気に入りです 。

定番ティーカップ

休日は世界のビール

平日はノンアルコールビール


ダージリン

インドのヒマラヤ山脈東側

マスカットのような香りと称されることが多いが、渋いスモーキーな香りに感じられることもある。インドに根付いた唯一の中国系の茶葉でえぐみがない。紅茶の名前としては一番有名だが、香り、渋みを楽しむ個性的な紅茶。ストレートで飲むべきと断言したくなる。

 アッサム

インド北東部のアッサム州産

生産量世界一のインドの半分を占めている世界最大の紅茶の産地。こくがあり、渋みも強い。ミルクティーに向くとされるが、そのまま飲んでもおいしく、紅茶のメインストリームに思える。

 ニルギリ

インド南部のケララ州

紅茶だから赤いのは当たり前だが特に色が鮮やかに赤い。それほど、渋みも強くなく飲み易いが薄いと物足りなく濃い目に入れるのがお勧め。ストレート向きと書いてあるものもあるが、ミルクを入れてもおいしい。
 

 ドアーズ

インド北東部、ドアーズ丘陵

黒い茶葉、香りは弱いがこくがありマイルドな口当たり。あまり有名でないが実際の生産量はインド2位らしい。CTCが主流だがCTCでも渋みは少ないがミルクティーを入れるとおいしい。

 ヌワラエリヤ

スリランカの高地

香りはさわやかだか渋みはつよく、ドライな味、色はオレンジ色、渋みがあるので濃い目に入れてミルクティにしてもおいしい。

 ウバ

スリランカの高地

 スリランカの高地で取れる高級茶、ダージリン、キーマンと並び世界三大銘茶とされている。香りが独特で渋みも強いので好き嫌いが分かれるのではないか。銘柄、茶葉の大きさによりだいぶ違いがある。

ディンブラ

スリランカの高地

スリランカの高地で取れる紅茶だかウバとは中央山脈をはさんで反対側で取れる。高地栽培にしては渋みもあまりつよくなく、かすかにバラのような感じもする香りは華やかで、すっきりした味わい。

 キャンディ

スリランカの低地

日本ではあまり人気がないがマイルドで穏やかな香りの紅茶、渋みは少ないが濃く入れればしっかりとしたコクが出る。アイスティーや、ハーブティーのベースにするのに良い。
 

 ルフナ

スリランカの低地

濃く深い赤色が印象的。中近東で人気がある銘柄ということだがこの色合いも影響があるのではないかと思う。コクはあるが渋みはなく、かすかにスモキーな香りがする。硬水で入れるのに適したお茶という話だが、そこは試してない。
 

ジャワ

インドネシア

大塚食品のジャワティーストレートという清涼飲料があるが茶葉で入れるとさらに穏やかで柔らかで深いコクがある。渋み、エグ味は全然ない。かすかに甘い香りも感じられる。何もいれずストレートで飲むのがふさわしい。

 キーマン

中国安徽省祁門

キーマンの代表的な商品。もちろん、他のキーマン茶も売られているがトワイニングが圧倒的だろう。ただ、トワイニングは他の茶葉も多少ブレンドされている。キーマン茶はコクがあるが渋みはほとんどなく、中国茶に近い甘い香りがする。

 ラプサンスーチョン(正山小種)

福建省武夷山 フレーバードティ

封を開けた途端、生ハムにもにたスモーキーな強烈な香りがした。松柏の燻煙で香りをつけた紅茶の燻製。アールグレイはこの紅茶をイメージして作られたとのことだが、オリエンタルというよりは仏壇の香りがする。香りは強いが味は渋みがなく穏やかで慣れると癖になるかも。
 

ライチ(茘枝紅茶)

フレーバードティ

中国の一般的なフレーバードティ、中国紅茶がベースとなっているのでマイルドな味わい。ライチ特有のみずみず香りが紅茶に移っている。ストレートで飲むべき紅茶だが、濃く入れても紅茶としての強さはでず、物足りない感じもある。

アールグレイ

フレーバードティ

19世紀半ばにイギリスの外交官グレイ伯爵が、お気に入り中国の紅茶(ラプサンスーチョン)に似せるために作らせたという紅茶。ベルガモットで香り付けがされている。いろいろなブランドから出されているが子供のころから上等な紅茶として君臨していたトワイニングが私の定番。濃い目に入れてミルクティにしても、アイスティーもおいしい。
 

レディグレイ

フレーバードティ

トワイニング社のオリジナルの商品、アールグレイをベースにオレンジとレモンの果皮、矢車菊の花が加えられていて、華やかな香りを感じられる。オレンジや、レモンの香りがあるのでアイスティーにも向いている。

アップルティ

フレーバードティ

 アールグレイとアップルティはフレーバードティだがスーパーの小さな紅茶売り場にも必ずあるほど定着している。そしてアップルティといえば、フォーションのアップルティ。
 シナモンティ

フレーバードティ

シナモンティはショップにより、香り付けの度合いが違う。私は濃く強めのが好きだが人によりドクダミ茶みたいと悪口を言われることもある。通常の紅茶にシナモンスティクを添えるのもよい。

定番ティーカップ