イギリス、アイルランドのビールの飲み比べ

イギリスのビールはギネスに代表される黒ビールや、カラメル臭のあり上面発酵のエールタイプのビールが多く輸入されている。ヌル目の温度でちびちびやりたい。海外のビールには輸入ビールと国内でのライセンス生産があるが輸入ビールは質が落ちていることがあるし、国内生産は何か海外の本物とは違う。同じビールなのにアルコール度数が違うこともあり、この辺を推測しながら飲むのも世界のビールの楽しみと考えよう。
通販の売り場にリンクしてます。度数等については変わることがあるので気になる方は直接確認してください。
オランダ、デンマークのビールの飲み比べ
アジア、オーストリアのビール飲み比べ
ドイツ、チェコ、オーストリア、イタリアのビールの飲み比べ
アメリカ、中南米のビールの飲み比べ
ベルギーのビールの飲み比べ
日本のビールの飲み比べ
ノンアルコールビール飲み比べ
平日はノンアルコールビール
世界の紅茶でリラックス

イギリス、アイルランドのビール 

ギネスに代表される」黒ビールや、カラメル臭のあり上面発酵のエールタイプのビールが多く輸入されている。ヌル目の温度でちびちびやりたい。

ドラフトギネス 缶 330ML × 24缶 アイルランドビール

黒ビールの代表的な銘柄ギネスのパブの味をどこでも再現できるように作られたビール。原材料は麦芽、ホップ、大麦アルコール度数は4.5%。フローティング・ウィジェットと説明されている玉が缶の中に入っていてクリーミーな泡を作る仕組みが組み込まれて、確かにうまい泡が出来る。クリーミーでコクもあるが、エグミ、炭酸は強くなく万人に受け入れ易い味。、少し高いので、この缶を買うと際はきっかり一杯が収まるグラスを用意してこの泡を楽しもう。

ギネス エクストラスタウト 瓶 330ML 1本  アイルランドビール

20世紀初頭にギネスを世界最大のビール会社にしたビール、度数、種類はいろいろあるみたいだが昔、海外に輸出されていたフォーリンスタウトは味の変質を防ぐ為に度数が8%ぐらいあったそうだが、現在、日本で売られている物は5%。原材料は麦芽、ホップ、大麦。ドラフトと比べると酸味が強く、ねっとりした感じがありローストした大麦の苦いコーヒーのような味と香りもあり複雑な味。ただ、それほど強烈でもなく、おそらく昔のものよりはかなりマイルドにアレンジされているのだろう。

マーフィーズ アイリシュスタウト アイルランド 500ml×24本 イギリスビール

ギネスドラフトと似た感じフローティング・ウィジェットの仕掛けも同じだが、より軽くマイルド、スムーズ、水っぽいともいえる。原材料は麦芽、ホップ、大麦、度数4%。あけたときはプシュという音が大きいが、飲んでみると炭酸は弱い。これはクリームのような泡を作るために充填されたガスの音だったのだろうか。カラメルの香りは軽く、酸味が若干強く感じる。元はアイルランドだが現在はイギリス。

ボディントン(缶) 440ml 24本入 1ケース  イギリスビール

イギリスのビールの流行なのかナイトロジェンヴィジェット(窒素ガス玉)が入っており、「マンチェスターの泡」というのが宣伝文句だが、確かにクリーミーアンドスムーズ、小麦が入って入るためか微妙にざらつき感のある舌触りでしっかりとした質感がある。味は少し苦味とエグ味を感じるが軽め。パブ エールと書いてあるようにイギリスのパブで普段飲まれているビールだろう。アルコール度数4.7%、原材料は麦芽、ホップ、小麦。

バスペールエール 355ML × 24本  イギリスビール

イギリス伝統の上面発酵のビール、アルコール度数5.1%、原材料は麦芽、ホップ、糖類、香料とある。この糖類が効いているのか、上面発酵の為なのか、ピルスナータイプとは違うこく、軽いえぐみがある。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【イギリスビール】 ニューキャッスル・ブラウンエール 330ml
価格:353円(税込、送料別) (2017/5/21時点)


ニューキャッスル ブラウンエール 330ML イギリスビール

イギリス国内ボトルNO.1の売り上げというだけあって飲みやすいビール、上面発酵のビール特有のフルーツの香りや、ビターな味、カラメル臭もあるがごく軽い。日本語ラベルには正統派エールと書いてあるが、正当というよりはイギリスで日常飲まれているビールではないか。日本語ラベルには度数5%と書いてあるが、英文では4.7%となっている。原材料は麦芽、ホップ、小麦、糖類、カラメル。

 

サミエルスミス・ポーター 瓶 <イギリス> イギリスビール

ポーターとは昔、ポーター(荷役夫)に人気のあった出来立てのものと1年たってすっぱくなったエールをブレンドして作った酸味とスモーク味のあるこげ茶色もので、これを復活させたのがこのビール。原材料は日本語ラベルには大麦麦芽、ホップと記述されているが、英文のラベルにはこのほか、cane suger(ショ糖)、roasted malt、seaweed finings(ビールをクリアにする為の海藻由来のもの?)と書かれている。また、提供する適温は13度とのこと。コーヒーの味に似た苦味と甘酸っぱい酸味、クルーミーな泡ととろっとした飲み口、ちびちびやるとおいしい。英文のラベルにあるお勧め料理で貝類とかロブスターのほか、チョコレートケーキと書いてあるがこれは疑問、度数は5%。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サミエルスミス スタウト 355ml※48本まで1個口で発送可能
価格:501円(税込、送料別) (2017/5/21時点)


サミエルスミス スタウト 355ml※48本まで1個口で発送可能イギリスビール

ラベルにはオートミール(燕麦)スタウトと書いてある。原材料は日本語ラベルは大麦麦芽、ホップだが英文のラベルにはポーターと同様な内容が書かれている、度数は5%。シルキーで濃厚な質感、苦味と甘みもたっぷりとあるが癖はなくおいしい。昔、黒ビールは滋養があるとされたそうだが、この濃厚な割りに癖のない味は健康にもよいと思わせるかも知れない。

フラーズ ロンドン プライド(瓶) 330ml 24本入 1ケースイギリスビール
ターゲット、チャレンジャー、ノースダウンという3種類のモルトを使っている。色は濃いブラウン。なめらかさと複雑な味わいを持つプレミアム エールということだが、確かに滑らかで、口に含んだ時はモルト香りと甘み、後味は苦味がつよい。原材料は麦芽、ホップ、アルコール度数5%。
フラーズ ロンドン ポーター(瓶) 330ml 24本入  イギリスポーター
チョコレートとコーヒーの味わいということだが、確かに甘くないチョコレート風味のお酒だ。香りもチョコレートに近くブラウンモルト、クリスタルモルト、チョコレートモルトの3種類の麦芽、ファグルズホップを使用しているというだけあって濃厚だが苦みは強くない。原材料は麦芽、ホップ、アルコール度数5.5%。
ウィッチクラフト ブロンド イギリスビール
原材料、麦芽、ホップ、アルコール度数4.5%。ブロンドビール、裏の日本語の説明にはほのかに紅い色合いと書かれていたが、紅いという色合いではなかった。ただ、確かに3種類のホップが醸し出すとシトラスの香りと説明されているとおり、イギリスビールにしてはホップの香りと苦味が効いて切れのいいさわやかなドライなビール、更に注意深く味合うと複雑なエールの香りもあリなかなか良い。

ウィッチウッド スケアクロウ オーガニック 瓶 500ml イギリスビール

オーガニック・エールでチャールズ皇太子の所有する農場で完全無農薬栽培されたモルトを独創的に配合、英国土壌協会ベスト・オーガニック賞受賞とのこと、確かに少し甘めで穏やかな柔らかな味、香り、口当たりがする。ラベルにはオーガニックペールエールと書いてある。原材料は麦芽、ホップ。アルコール度数は日本語のラベルでは5%だが英文ラベルでは4.7%。


オランダ、デンマークのビールの飲み比べ
アジア、オーストリアのビール飲み比べ
ドイツ、チェコ、オーストリア、イタリアのビールの飲み比べ
アメリカ、中南米のビールの飲み比べ
ベルギーのビールの飲み比べ
日本のビールの飲み比べ
海外ビール飲み比べ

ノンアルコールビール飲み比べ

世界の紅茶でリラックス
スタイルでワイン