オランダ、デンマークのビールの飲み比べ

オランダ、デンマークのビールはハイネケン、グローリッシュ、ツボルク、カールスバーグのいずれも世界中で飲まれているグリー系のホップの香りのいい軽いラガービールでイメージが似ている。
海外のビールには輸入ビールと国内でのライセンス生産があるが輸入ビールは質が落ちていることがあるし、国内生産は何か海外の本物とは違う。同じビールなのにアルコール度数が違うこともあり、この辺を推測しながら飲むのも世界のビールの楽しみと考えよう。
★印は私の勝手な感想。ショッピング、通販の売り場にリンクしてますが度数等については変わることがあるので気になる方は直接確認してください。

 オランダ、デンマークのビール

ハイネケン、グローリッシュ、ツボルク、カールスバーグのいずれも世界中で飲まれているグリー系のホップの香りのいい軽いラガービールでイメージが似ている。

国産 ハイネケン 350ml×24缶  オランダ ラガービール

キリンのOEMがほとんどだが、キリンが輸入している物もあるようだ。世界中のいろんなところで作られているようだがヨーロッパで飲んだものが一番おいしかった様に思うのは気のせいか。缶のイメージと同じでフルーティで中庸なボディだが軽すぎずの飲み易い。度数は5%。
 

グロールシュ プレミアム ラガー 瓶 450ml オランダ ラガービール

ハイネケンに似たイメージではあるがグロールシュの方がコク、苦味が強く、香りとキレもある。ただ、私は少しさっぱりしているハイネケンの方が好き。オランダでは若い人に人気のあるビールでいろんなコンテストで金賞をとっていることを売りにしている。麦芽、ホップ、5%。

★★★

ツボルグ(瓶) 330ml×24本  デンマーク ラガービール

原材料は大麦麦芽、穀類、ホップとドイツのビールと違い穀類が使われているせいかマイルドな味、クリーミーな泡、アルコール度数の表記はシールには4度から5度といい加減な表記だが、シールをはがすと4.6%の表示があった。

カールスバーグ 缶 350ml×24本 デンマーク ラガービール

原材料は麦芽、ホップ、香料、アルコール度数5%、サントリーが輸入している。オランダ、デンマークの他の緑色の缶,瓶のビール、ハイネケン、グロールシュ、ツボルグはいずれも世界中で売れているビールで、味も似た感じだが、そのなかでも一番軽い感じがする。特徴がなく、ちょっと物足りない。

ババリア オランダ ラガービール

原材料は大麦麦芽、ホップ、アルコール度数5%、ハイネケン、カールスバーグ等ほど有名ブランドではないが、やはりグリーのボトル。ただしペットボトルである。味は他のオランダ、デンマークに近いがデンマーク、オランダのビールの中では苦味があるが切れがありすっきりしている。
(2016年5月現在、通販での取扱は見当たらない)

ラ・トラップ・ブロンド LA TRAPPE BLOND 330ML  オランダ ベルギービール

オランダで作られているが一般的にはベルギービールの分類にあるトラピストビールなので、ベルギービールのページにも掲載しておく。原材料は麦芽、ホップ、糖類、酵母、度数は10%。このほかにこれより度数が低いトリプル、ダブル、ブロンドなどのシリーズがある。常温発酵、瓶内熟成の濃厚なビール、甘く、カシスのようなフルーツに近い複雑な味、度数が高い為か乳酸のような香りは少なく複雑ではあるがマイルドかつ濃厚でおいしい。
イギリスのビールの飲み比べ

アジア、オーストリアのビール飲み比べ

ドイツ、チェコ、オーストリア、イタリアのビールの飲み比べ

アメリカ、中南米のビールの飲み比べ

ベルギーのビールの飲み比べ

日本のビールの飲み比べ

平日はノンアルコールビール

ノンアルコールビール飲み比べ

世界の紅茶でリラックス

スタイルでワイン



Counter